なんで私のバストは小さいの?バストの構造から理由を知ろう!

バストの構造ってどうなっているの?

バストの断面図1
↑バストの構造(断面図)

バストは主に、小葉や乳管の集合体を呼ぶ「乳腺」と、それを守るための脂肪で構成されており、これらの組織を繋ぐようにクーパー靭帯で支えられています。

 

バストの約90%が脂肪で構成されていますので、乳腺を守る脂肪が多いとバストも大きい訳です。

脂肪の付き方でバストの大小が決まります。

では、どうしてバストの大きな女性と小さな女性がいるでしょうか?その原因は何でしょうか?

 

あなたのバストが小さい理由は何?4つの原因!

1 女性ホルモンの働きが悪い!

バストの小さい女性のホルモン

小学生高学年~中学生にかけての思春期になると、大人の身体になるため女性ホルモンが分泌されます。

これがエストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンです。

特にエストロゲンは女性らしい身体つきを作るホルモンで、このホルモンの分泌が少なかったり、働きが悪いとバストが大きくならないと言われています。

 

2 遺伝的な要素からバスト自体に脂肪が付きにくい

バストと遺伝

実際、母親が胸が大きいと、その子供も胸が大きい子供になるケースが多いです。

だから、両親から受け継いだ遺伝による部分からバストに脂肪が付きにくい女性もいるということです。

 

ただ、一概に遺伝だけでバストの大小が決まるという訳ではないのです。

母親がバストが小さかったり、家系的にバストが小さくても、バストの大きい女性が実際にいますよね。

後天的な「栄養」や「生活習慣」による影響も大きく関係していると言われています。

 

また、乳腺が発達している女性ほど、バストに脂肪が付きやすいそうです。

元々、脂肪の役割は授乳期まで乳腺を守り、母乳を赤ちゃんに与え、赤ちゃんの成長のためにあるものです。

乳腺の発達が未熟だと、脂肪が付きにく、バストが小さい原因になるんです。

 

3 冷え症

hiegakininaru65

バストの大きさと冷え症の関係は大きいと言われています。

冷え症は血行が悪い状態です。

だから、バストの血行も悪く、充分な栄養がバストに届かないことになります。

 

人間の身体は心臓や肺などの生命維持に関わる部分を一番に守ろうとします。

血行が悪くなり、冷えを一番感じるのは手足で、生命維持とは関係のない遠い部分だからです。

 

バストも同じで、生命維持にはあまり関係のない部分ですから、冷え症だとすぐにバストへの血行が悪くなるので、バストが小さい原因の一つと考えられています。

慢性的な冷え症はバストアップの敵なのです。

 

4 生活習慣

sutoresuooi41

ストレスや食生活の崩れもバストが小さい原因の一つと言われています。

ストレスはホルモンバランスを崩しますし、食生活が偏るとバストにとって充分な栄養が不足することになります。

 

また、午後10時~午前2時の間が女性ホルモンの分泌がもっとも高まる時間であり、この時間帯に就寝していることが大切と言われています。

夜更かしもバストの成長を害する要因の一つです。

 

生活習慣を改善することもバストアップのポイントと言えるのです!

 

バストが小さい原因を知ることで、効果的にバストアップ!

bust6098

大きく分けてバストが小さい原因は4つでしたね。

だから、これらの原因を改善できればバストアップが可能な訳です。

 

ただ、「遺伝」だけが改善できませんよね。

でも大丈夫です♪

バストのサイズを決定する遺伝的な要素は30パーセント程度と言われています。

詳しくは→「バストサイズは遺伝する?」の記事へ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ