バストアップと女性ホルモンの関係を知る!

バストアップに不可欠な女性ホルモンとの関係を説明しようと思います♪

バストアップに大切な女性ホルモンですが、どういった仕組みでバストが大きくなるのか?

そもそもバストが小さい原因は、ホルモンバランスの崩れているからかもしれません(>_<)
女性ホルモンのは働きを知っておくことは、バストアップの仕組みを知ることにつながり、とっても大切なことなんです

バストアップと女性ホルモン

女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンです。

この女性ホルモンは女性が妊娠と出産できる身体を作るため、卵巣で作られてます。
これらの2つのホルモンは一定周期(生理周期)でそれぞれ分泌量の割合を変え、女性の身体に作用しています。

↓生理周期と女性ホルモン分泌の関係図

ahfidos
※テルモ㈱から引用

それでは、この2つのホルモンの特徴を見ていきます。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

・女性らしい身体をつくる
・子宮の内膜を厚くして、妊娠に備える
・基礎体温を下げる働きがある
・生理の終わり~排卵前にかけて分泌が多くなる

プロゲステロン(黄体ホルモン)

・妊娠しやすくする
・子宮の内膜に受精卵が着床しやすい状態を作る
・人によっては頭痛や腰痛、手足のむくみ、精神的な不安定を起こす要因になる(黄体期)
・基礎体温を上げる働きがある
・排卵後~次の生理に分泌が多くなる

 

女性ホルモンには、このような働きがあり、生理周期で分泌される期間が異なっています。

バストアップにはこのエストロゲンの働きが重要で、女性らしいカラダを作る決めてになっており、エストロゲンの分泌の多い女性の方が女性らしいカラダ(バストの大きいカラダ)になると言われています。

バストの小さいの原因の1つとして考えられているのが、このエストロゲンの分泌が少なく、ホルモンバランスが悪いことです!

また、女性ホルモンは卵巣から分泌されるのですが、その指令を出すのは脳内にある「視床下部と下垂体」です。
ストレスや過度な疲労などにより、脳の「視床下部や下垂体」が影響を受け、ホルモンの指令が乱れることが知られています。
エストロゲンの分泌は正常でも、ストレスや過度な疲労により、知らないうちにバストアップに悪影響を与えている女性も多いと考えられています!

したがって、バストアップにはエストロゲンを増やし、ストレスなどを減らす生活を送ることがポイントとなっているのです!

コメントを残す

サブコンテンツ

私が愛用するバストアップアイテム♪


バストの型崩れや垂れを防止してバストアップ!
ナイトブラなら私も愛用する「ヴィアージュ」♪
楽天で人気No.1の常連!



バストアップクリームなら「ラ・シュシュ」
楽天や@コスメで人気No.1!
話題のバストアップ成分「ボルフィリン」を高配合!
使うとすぐにハリが実感できます♪

このページの先頭へ