胸を大きくする寝方とは!?睡眠の質で効果的にバストアップ!

寝方とバストアップ
バストアップするなら、効果的に行いたい!
って思いますよね~♪

実は、寝方でバストアップを効果的が変わったり、効果を半減させるとも言われています!

そんな睡眠や寝方とバストアップに関係について見ていきましょう♪

 

睡眠とバストアップの関係は?

バストアップするゴールデンタイム!

グッドタイム

バストアップするのは、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌が盛んになることで起こります。
そんな女性ホルモンが1日で一番多く分泌される時間(バストが成長する時間)は、午後10時~午前2時までの4時間です!

この時間帯に睡眠を取る生活を送ることが、効果的なバストアップを実現するポイントです♪

女性の身体は、睡眠時間にバストアップするので、良好な睡眠時間の確保がバストアップの鍵と言えるんです。

 

バストの小さい現代女性の多くが、夜ふかししたり、睡眠時間が短くなったりと、バストにとって良い生活を送れていません。

女性ホルモンの分泌を脳の視床下部や下垂体と呼ばれる部位であり、この部位が睡眠により正常に保たれ、良い睡眠が本来の女性ホルモンの分泌を高めるのです。

この睡眠が原因で、女性ホルモンの分泌が減ったり、冷え症になって血行が悪く新陳代謝が落ちたりと、さらにバストアップしにくいといった悪循環になっているのです。

だから、まずは良好な睡眠の確保が必要になってくるのです。

 

バストアップと寝方の関係性!

寝方とバストアップ2
寝方の違いでバストアップに影響を与えるんです!

いきなり結論ですが、「ナイトブラを着けて、仰向けで寝る」ことが一番良いと言われてます♪

仰向けで寝ると、バストが脇などに流れることを最小限にし、さらにナイトブラを着けることで下垂や崩れを防止できます!

 

逆に一番良くないのは、「うつ伏せ」です(>_<)

これは、自分の体重でバストを圧迫し、女性ホルモンが分泌されても血行が阻害されている状態ですから、バストアップに良くないと言われています。

また、バストを押しつぶしている状態ですから、クーパー靭帯などを痛め、バスト崩れを起こす原因になると言われれいます(>_<)

 

次に、「横向き」です。

横向きはバストが重力により、横に流れ、離れ胸や下垂の原因になると言われています。

ただ、ナイトブラを着けることで、かなり防止することが出来ます。

 

以上がバストアップと寝方の関係になります。

 

yokodeneru1

ちなみに、睡眠の質を高める寝方は「横向き」と言われています。

これは、気道の確保がしやすく、イビキをかきにくい寝方だからです。

仰向けやうつ伏せだと、気道が圧迫され、睡眠時無呼吸症候群や誤嚥性肺炎を起こすリスクもあると言われているので、「横向き」が医学的には良いとされています。

 

したがって、イビキをかきにくいなら仰向けが良いですが、「横向き+ナイトブラ」が睡眠の質を高め、バストアップにも良い寝方ってことです♪

若々しくふっくらとした美乳を手に入れたいなら、ナイトブラを使って、睡眠の質を高めることが大切なんです♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ