プエラリア以外は?他に胸を大きくする成分をとは!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バストアップの有効成分の代名詞と言えば、「プエラリア・ミリフィカ」ですよね。

でも、

・体質に合わない

・バストは張るけど、バストアップは実感できない

・値段が高い

など、他の方法や有効成分を知りたいと思っていませんか?

 

確かに、プエラリアは効果の出る女性が多いのですが、全ての女性に効果がある万能薬とはいきません

効果のある人もない人もおり、体質に合わず生理不順などの副作用が出る方もいるのが事実です(>_<)

 

4つのホルモン図
※ ㈱テルモより引用

胸が大きくなるには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが作用していることが分かっています。

エストロゲンは卵胞期(低体温期)に多く分泌され、プロゲステロンは黄体期(高体温期)に多く分泌され、↑の図のように生理周期にリンクして起こります。

プエラリアはエストロゲンに似たホルモン作用を示すことから、エストロゲンの分泌が少ないことが原因でバストの小さい女性に効果的と言われているんです!

ただ、エストロゲンの分泌が原因でないのにバストが小さい女性も当然にいる訳です。

そういった場合、「プエラリアでは効果が得られない」という結果になってしまいます。

 

プエラリア以外の成分とは?ワイルドヤムがおすすめ!

Wildyam2
ブラックコホシュ、チェストベリー、ザクロエキス、ワイルドヤムなどバストアップに有効と言われる成分があります。

ほとんどの成分はエストロゲンに似た作用を示すと言われていますが、ワイルドヤムだけにはプロゲステロンに似た構造を持つ「ジオスゲニン」という成分が含まれています

 

プエラリアで効果がなかったり、体質に合わなかったりする女性は、他のエストロゲンに似た作用を示す成分より、プロゲステロンに似た作用を示すワイルドヤムが良いと考えられます。

体質に合わない(例:副作用が出た)女性は、プエラリアによってエストロゲンが増加したのに、プロゲステロンは増加して分泌されていない状態であり、このバランスの崩れから生理不順や頭痛などの副作用が出たものと思われます。

また、女性の身体はエストロゲンの量に応じて、プロゲステロンが自然と分泌されるというバランスを取っていますが、プエラリアを服用してもプロゲステロンが自然に増加しない女性もいるからです。


 

黄体期にはワイルドヤム
ワイルドヤムはメキシコなどの北米で、元々アンチエイジングや滋養強壮に良い食べ物として知られていました。

ワイルドヤムに含まれる「ジオゲスニン」という成分がプロゲステロンの分子構造に似ており、これを粉末カプセルにして販売され、クチコミでは、

バストの張りが出てきた!

生理不順が治った!

卵胞期はプエラリア、黄体期はワイルドヤムで飲み分けたら、バストアップした!

など、近年その成分と効果に注目が集まっているバストアップ成分です♪


 

プエラリアが体質に合わない、バストアップ効果が感じないと思っている女性に「ワイルドヤム」がオススメなんです♪

しかも、プエラリアに比べ、採取が容易なので、安価なのも魅力です!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

私が愛用するバストアップアイテム♪


バストの型崩れや垂れを防止してバストアップ!
ナイトブラなら私も愛用する「ヴィアージュ」♪
楽天で人気No.1の常連!



バストアップクリームなら「ラ・シュシュ」
楽天や@コスメで人気No.1!
話題のバストアップ成分「ボルフィリン」を高配合!
使うとすぐにハリが実感できます♪

このページの先頭へ