胸が小さいけど、母乳は出る?今からでも遅くない育乳とは!?

bonyuutoikuji

胸の小さい女性は、母乳が出にくい!って聞いたことありますよね(>_<)

確かに、バストの小さい女性は乳腺が充分に発達していない場合が多く、母乳が作られる機能が充分ではないと言われています。

母乳には赤ちゃんの免疫力を高める効果がありますので、母乳で育てたいと思いますよね!

 

妊娠してからでは遅い育乳!

妊娠すると、出産に向けて乳腺が発達します。

ただ、妊娠中にバストマッサージを行うと、それが刺激になってお腹が張ったり、最悪の場合には切迫流産になると言われているんです(>_<)

したがって、妊娠前からバストマッサージを行って、育乳しておくことが母乳の出を良くするコツなんです♪

akacyan1

 

将来、母乳で困らないための育乳マッサージ!

胸の小さい女性は乳腺や母乳機能が充分でないケースが多く、出産した後に母乳が足りないと悩むことになってしまいます(>_<)

だから、妊娠する前から育乳マッサージで、母乳がしっかり出るバストのケアしてあげる必要があるのです。

母乳の出を良くする「おっぱいマッサージ」は2つです♪

母乳の分泌を促進させるための「母乳マッサージ」と、赤ちゃんが乳首を咥えやすくする「乳首部のマッサージ」です。


bustup90

母乳マッサージの方法

乳腺を発達させ、母乳を作る能力を高めるマッサージ。

bustmasa4

乳房の規程部(胸筋とバストの境目)を良く動かしてあげることで、分泌を促進することができます。

バストを手の平全体で包み、上に上げて離すを10回繰り返します。

次に、斜め上方にも持ち上げてあげるマッサージを10回繰り返します。

お風呂上がりや、入浴中に行うことで、血行も良くなりさらに効果的です♪

乳首部のマッサージの方法

赤ちゃんが乳首を咥えやすいようにするマッサージ。

扁平乳頭や陥没乳頭と言われる乳首では、赤ちゃんが上手に母乳を飲むことが出来ません。

乳頭部にベビーオイルやバストクリームなどを塗って行うと良いです。

乳首に根元を指で掴んで、3~5秒圧迫し、乳首を前に出してあげます。

痛くない程度に行うことがポイントで、継続して行うことで、扁平や陥没乳首の改善が行えます♪

 

妊娠前からの育乳がポイント!

bonyuude12

妊娠してからでも母乳マッサージは有効ですが、妊娠中はつわりがあったり、お腹が張ってしまったりするので、妊娠前からの育乳が母乳の出を良くするポイントと言えるのです。

また、胸の小さい女性は母乳の出が少ないケースが多く、今からでもバストアップを行って、乳腺の機能を向上させておくことが、赤ちゃんを母乳で育てるコツと言えるでしょう♪

コメントを残す

サブコンテンツ

私が愛用するバストアップアイテム♪


バストの型崩れや垂れを防止してバストアップ!
ナイトブラなら私も愛用する「ヴィアージュ」♪
楽天で人気No.1の常連!



バストアップクリームなら「ラ・シュシュ」
楽天や@コスメで人気No.1!
話題のバストアップ成分「ボルフィリン」を高配合!
使うとすぐにハリが実感できます♪

このページの先頭へ