ナイトブラの替え時、捨て時は?寿命を延ばして長持ちさせる方法

ナイトブラの捨て替え時

寝ているときのバストをサポートしてくれるナイトブラ。

使い続けていると、生地が伸びたり、形が変形したりして、「もう寿命かな?買い換えないと」ってなりますよね。

 

ナイトブラも昼用のブラジャーと同様に、「なかなか捨てられない」「捨て方が分からない」って人が多いんです。

そんなナイトブラの「捨て時、替え時」「寿命を延ばす方法」などをお伝えしようと思います♪

 

ナイトブラの捨て時・替え時は?

ユニクロ15

私たち女性にとって、ブラジャーは可愛さやホールド感などを基準にこだわりを持って選んでいますよね~。

着ていくうちに愛着が出てきて、くたびれてきても捨てるのが惜しいような気がしてきて、寿命がきたブラジャーをずっと着けがちになってしまいます。

でも、それでは本当のサポート力や補正力を失っているので、バストにとって良いと言えません。

 

そこで、5つの「捨て時・替え時ポイント」から自分のナイトブラをチェックしてみましょう!

①ブラの見た目(生地や形)がくたびれている!
これは見るからにブラジャーがくたびれている状態です。
例えば1年間ほぼ毎日使い続けているとか、生地が薄くなって形が変形してきているといった状態です。

②ブラの生地がほつれている。破れている。
ブラジャーの生地が破れているとか、摩擦でほつれや破れが出来ている場合です。
破れたりすると、ブラ本来のサポート効果はほとんど期待できない状態ですので、すぐに捨てて新しい物に新調しましょう。

③バストのサイズに合わなくなった。
ブラジャーはまだまだ新しくても、バストが成長したり、痩せてバストが小さくなった場合は買い替えのサインです。
バストに合わないブラジャーを着けていると下垂や老け胸の原因になると言われています。

④ゴム部分が伸びてヘタっている。
ナイトブラは伸縮性に富む素材で出来ているため、ゴム繊維を生地に編み込んで作られています。
このゴム繊維が伸びてしまっていると、バストを寄せてホールドする効果がなくなっているので、買い替えが必要です。

⑤タグの文字が薄くなっている。
最後に見落としがちなのが、タグに書いてある文字が薄くなっているケースです。
これは洗濯を沢山するとなるんですが、見た目ではブラに変形もなく生地もしっかりしているようでも、洗濯を繰り返したことで見た目には分からない劣化が起きているんです。
こうなった場合も捨て時のサインですね。

 

ナイトブラの寿命を延ばす方法は?

gimonn1

ナイトブラは安いものでも1,000円位。高いものなら5000円以上します。

下着って意外と高いので、「少しでも寿命を延ばして長持ちさせて使いたい」って思いますよね!

そこで、ナイトブラの寿命を延ばす3つのポイントを見ていきましょう。

 

1 足から履くように着用する

nagaomchinaito2

多くのナイトブラは、背中にホックがついていないタイプです。

ホックがあると、寝ている時に背中に当たって違和感があったり、痛みが出たりするからです。

 

ナイトブラの着用の仕方は、「頭から被って着ける」or「足から履くように着ける」の2通りあります。

「頭から被る」と、肩を通すことになり、肩は体の中で最も広いので、ナイトブラが伸びやすくなってしまいます。

だから、ナイトブラは「足から履くように着ける」方がナイトブラの生地を延ばしにくいんです。

 

2 手洗いorソフト洗いで洗濯する

nagamochinaito3

次に洗濯の仕方です。

ぬるま湯で手洗いをすることが、最も衣類の生地を傷めずに洗うことができます。

 

でも、手洗いって面倒くさいな~って思いますよね。

そんな時は、洗濯機の機能を使いましょう。

洗濯機によって違いますが、「ソフト洗い」や「手洗い機能」を使うと良いです。

これだけでもナイトブラの寿命はだいぶ変わってきます♪

 

3 陰干しする

nagamochinaito1

直射日光がナイトブラの生地を傷めます。

直射日光に含まれる紫外線が生地の劣化や変色を早める原因になると言われています。

だから、「風通しのいい日陰で干す」のが寿命を延ばすポイントです。

 

ナイトブラの捨て方は?

さっと捨てよう!

「下着ってどうやって捨てたらいいんだろう?」

そのままポイってゴミ箱に捨てるのって、ちょっと恥ずかしい気がします。

 

「ワイヤーの入ったブラって金属だから、燃えるゴミでいいの?」など、ブラジャーを捨て方って本当はどうなの?って思いますよね。

ナイトブラの場合、ワイヤーやホックなどの金属がないので、そのまま燃えるゴミとして捨ててOKです。

ただ、恥ずかしいので、私の場合はハサミで細かく裁断してからブラジャーと分からないようにして捨てています♪

ワイヤーやホックのあるブラは、その部分は金属なので不燃ゴミとして捨てる必要がありますね。

 

ナイトブラのオススメの捨て方!リサイクルをしよう!

ワコールのリサイクル

「やっぱり、ブラジャーをゴミに捨てるのに抵抗のあるな」って人は、ワコールのリサイクルを試してみると良いと思います。

ワコールでは、定期的に下着のリサイクルキャンペーンを行っています。

ワコール社のブラジャーではなく、他社製でもOKです。

ワコールの店舗で「リサイクルバック」をもらい、不要ブラを入れて、店員さんに渡すだけです♪

 

「ブラは捨てにくい」という女性の声からはじまった
ワコールのブラ・リサイクル。
ブラを環境にやさしいエネルギー燃料にリサイクルすることで、
「捨てにくい」気持ちと環境への配慮を両立できる活動として
多くの女性に賛同いただいています。
古くなったブラ、合わなくなったブラを見つけたら、
迷わずワコールのお店へ。
ひとり一人のこのアクションが、社会にハッピーを届けます。

引用:ワコール「ブラ・リサイクル」

毎年、冬から春までの時期に開催されていますよ♪

詳しくは→ワコールブラ・リサイクルへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ