女性の4つのホルモンとは!?その仕組みと関係を知ろう!

女性のカラダや心は、4つのホルモンによってコントロールされています。

女性ホルモンは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と知られていますが、それを作ることを命令する残り2つの「FSH(卵胞刺激ホルモン)」「LH(黄体化ホルモン)」も分泌しており、この4つのホルモンが作用して女性のカラダのバランスをとっています。

これらの4つホルモンとその関係性を知っておくことで、バストアップを能率的に出来るんです♪

4つのホルモン図
(テルモ㈱から引用)

エストロゲン女性らしい体つき(胸を大きくする)を作り、生理の終わり~排卵前に多く分泌するホルモンで、プロゲステロン妊娠をサポートし、排卵後~次の生理にかけて多く分泌するホルモンです。

この2つのホルモンが生理周期に合わせてバランスを保つことで女性のカラダがコントロールされています。

 

このエストロゲンとプロゲステロンは卵巣から分泌されるのですが、その分泌を命令するのは脳の下垂体なのです。

下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されます。このホルモンは「成熟卵」を作るように命令するホルモンで、このFSHは下垂体から卵巣に届き、卵巣からエストロゲンが分泌されるのです。

つぎに、エストロゲンの分泌が多くなると、下垂体からLH(黄体化ホルモン)が分泌されます。このホルモンは排卵を命令するホルモンで、このLHは同様に下垂体から卵巣に届きます。そして卵巣からプロゲステロンが分泌されるのです。

この流れをチャートにすると、
1 脳の下垂体でFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌
2 下垂体→卵巣にFSHが届く(成熟卵を作るように命令される)
3 卵巣がエストロゲンを分泌(子宮内膜を厚くして妊娠に備える)
4 エストロゲンの分泌が多くなる
5 脳の下垂体でLH(黄体化ホルモン)が分泌
6 下垂体→卵巣にLHが届く(排卵するように命令される)
7 卵巣がプロゲステロンを分泌(排卵、子宮内膜を着床しやすくする)
8 妊娠すれば、そのままプロゲステロンの分泌が続き、妊娠が維持できるように働く。妊娠しなかった場合は子宮内膜が剥がれ生理となり、また1に戻る

という流れになっているのです。

エストロゲンが女性らしいバストやカラダを作ることは良く知られていますが、このエストロゲンを分泌を促すのは下垂体で分泌されるFSHなのです。

したがって、睡眠や食事などの生活習慣や精神的なストレスの影響を強く受けると、FSHやLHの分泌が少なくなったり、バランスが崩れると言われています!

これらの4つホルモンがバランスを取り合って、私たち女性のカラダがコントロールされているんですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

私が愛用するバストアップアイテム♪


バストの型崩れや垂れを防止してバストアップ!
ナイトブラなら私も愛用する「ヴィアージュ」♪
楽天で人気No.1の常連!



バストアップクリームなら「ラ・シュシュ」
楽天や@コスメで人気No.1!
話題のバストアップ成分「ボルフィリン」を高配合!
使うとすぐにハリが実感できます♪

このページの先頭へ