大豆イソフラボンの「エクオール化」とは?日本人は約5割だけ!

大豆のエクオール化

 

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つ分子であることから、女性ホルモンと似た作用をすることが広く知られています。

更年期障害の緩和、バストアップ効果など、様々な効果があると言われています。

 

実は、大豆イソフラボンの作用は、個人差があるんです!

その鍵となるのが「エクオール化」です。
大豆イソフラボンは腸内細菌によって「エクオール化」され、女性ホルモンに似た作用を発揮します。

おもに大腸に住む菌で、約15種類(エクオール産生菌)がその作用を示すと報告されており、この菌が大豆イソフラボンを「エクオール化」することが分かっています。

しかし、腸内に「エクオール産生菌」がいる女性と、いない女性に分かれます!
日本人女性の場合は約5割、欧米人は約3割しか、このエクオール産生菌を持っていないことが分かっています。

エクオール産生と世界
(※NPO法人女性の健康とメノポーズ協会より引用)

 

大豆イソフラボンがエクオール化されることで、大豆の効能がより効果的に作用します。

 

したがって、今まで大豆を摂ってもバストアップしなかった女性は「エクオール産生菌」が腸内にいない可能性が高いとも考えられます。

なお、体内にエクオール産生菌がいるかどうかは、尿検査で分かります。

簡単に分かる検査キットも販売されていますので、自分がエクオール化出来る体質なの?って気になる方は試してみると良いですね♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

私が愛用するバストアップアイテム♪


バストの型崩れや垂れを防止してバストアップ!
ナイトブラなら私も愛用する「ヴィアージュ」♪
楽天で人気No.1の常連!



バストアップクリームなら「ラ・シュシュ」
楽天や@コスメで人気No.1!
話題のバストアップ成分「ボルフィリン」を高配合!
使うとすぐにハリが実感できます♪

このページの先頭へ