遺伝だからと諦めない!バストの大きい人と小さい人の違いは!?

母親、姉や妹も胸が小さいから仕方ない」って、バストアップを諦めていませんか?

また、逆に「母親は胸が大きいのに、自分は小さい」なんていう悩みの女性も多くいますよね。

どうしてなのでしょうか?
その理由を知ることでより効果的なバストアップが可能になると考えられます♪

バストと遺伝

人間は両親から受け継いだ細胞内にあるDNA(遺伝子)配列が決まっています。
このDNAは、人体の設計図のようなもので、この配列によって、その個人の体型が決まると言われています。

両親から遺伝子を半分づつもらい、一つになった遺伝子が自分のDNAとなります。

遺伝子により、身長や目、髪などの体の特徴の、ほとんどが生まれたとき決まっていると言っても良いのです。
背の高い親なら子の背も高くなり、くせ毛の親なら子もくせ毛になると言った具合です。

さて、バストの場合はどうなのか?
これが気になる所ですよね~!

バストと遺伝の関係

実は、遺伝によるバストの大きさを決定する要素は30~40%と言われており、残りの60~70%は後天的なものだと考えられています。

バストは生まれた時は皆、同様に全くない状態で生まれてきます。これが他の身長や目といった部分とは違うところです。

思春期になってようやく、バストが膨らみはじめますよね。
そこからのバストの成長が個人個人によって差が出るのです。

遺伝によるものは、「乳腺や脂肪が付きやすい体質であるか」「元々の女性ホルモンの分泌量」などに限られます。

 

その他の60~70%の要因は食生活や生活習慣などによるものなのです!

昭和の時代、日本人の平均バストサイズはAカップでした。
しかし、最近では日本人女性は平均Cカップになっています。

遺伝子は変わっていません。
なぜかを考えると、食生活が改善し、栄養が充分に摂取される女性が増えたからですよね!

 

思春期になると、女性ホルモンが多く分泌されますが、食生活が崩れていたり、夜ふかしなどの要因により、ホルモンの分泌が充分行われず、乳腺の組織が発達せず、思ったようにバストが大きくならないことになるのです。

 

親や家族と胸の大きさが似てくるのは、食生活や生活習慣が同じことが一番大きな要因であると言われています!

 


 

バストアップのポイントは「女性ホルモン」「生活習慣」です!

母親がバストが小さいから、バストアップは無理だと諦める必要はないんです♪
遺伝によるバストの大きさを決定する要素は30~40%だけなんです!

私の母親も、私の同じ位のBカップです。
私はそこから育乳することが出来ましたよ~♪

育乳生活を始めて、バストのコンプレックスを解消しましょう!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

私が愛用するバストアップアイテム♪


バストの型崩れや垂れを防止してバストアップ!
ナイトブラなら私も愛用する「ヴィアージュ」♪
楽天で人気No.1の常連!



バストアップクリームなら「ラ・シュシュ」
楽天や@コスメで人気No.1!
話題のバストアップ成分「ボルフィリン」を高配合!
使うとすぐにハリが実感できます♪

このページの先頭へ