豊胸手術のリスクは?脂肪注入で失敗する前に読むべき3つの事例!

豊胸手術のリスク

100%絶対にバストアップ出来る方法と言えば、「豊胸手術」ですよね~

手術によって、脂肪を直接バストに注入する訳ですから、確実なサイズアップが可能です!

しかし、失敗が怖くて踏み切れないって思う女性が多いと思います。

 

私も「豊胸手術なら絶対バストアップできるけど、怖いな~(>_<)」と思って、結局しませんでした。

そこで、今回は後悔しないために、脂肪注入法の豊胸手術の失敗事例についてまとめてみました。

 

自分の脂肪を他の部分から取って、バストに注入する「脂肪注入法」

他に「シリコンバック注入法」「ヒアルロン酸注入法」があり、「脂肪注入法」は自分の脂肪を使うので一番安全なのでは?とお思い方も多いと思いますが、「脂肪注入法」の豊胸手術リスクについて知っておきましょう!

 

失敗事例1 しこりが出来てしまった

バストに脂肪注入をすると、バスト内で「生きた脂肪」として定着すれば、自然でキレイなバストになります。

しかし、多量に脂肪注入をしたり、一箇所に多くの脂肪注入をする場合に、注入した脂肪が壊死をしてしまい、結果、「しこり」として残ってしまうのです。

しこりとして残ると、触った感じが異物感があり、さらに「石灰化」してバストの形や硬さに影響を及ぼしたりしてしまいます。

 

失敗事例2 感染症になった

施術後、2週間は手術による腫れやむくみが続くと言われています。

普通、この腫れやむくみは2週間程で回復するのですが、抗生物質を服用しなかったり、施術で細菌が混入すると感染症になる場合があります。

感染症になると、最悪再手術になって、乳房除去になるケースもあるのです。

 

失敗事例3 脂肪の定着率が悪かった

自分の脂肪を注入するれば、シリコンを入れる方法などと違って、体は異物ではないと判断して、元々あった脂肪のように細胞活動をして、バスト内に定着します。

ただ、その定着率が悪い人もいます。

手術後はバストアップを感じても、半年や1年もすると、注入した脂肪が体内に吸収され、定着しなかったというケースです。

定着率には個人差があるそうです。

 

豊胸手術のリスクまとめ

houkyou15
以上のようなリスクが脂肪注入による豊胸手術にはあるんです(-_-;)

豊胸手術を受けるなら、実績のある病院と信頼出来る医師からの手術が絶対ですね!

 

最近では、医師からの正しい知識と説明を受け、医師と本人の合意を行う「インフォームドコンセント」が大切です。

しっかり説明を聞いて、リスクを充分知った上で、豊胸手術は行うべきなのです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ